黄檗山

頭陀袋029 薬王山大寧寺住職、五島海南和尚を訪ねて

平成二十六年十月十八日、関市迫間、正渓寺を訪問した帰りに、美濃太田の大寧寺に住職、海南和尚を訪ねた。庫裏には人の気配はないが書斎の窓は開けたままで日当たりのいい場所にはむしろにたくさんの銀杏が干してある。隣接する水屋のほうに回ってみると和尚が六十代と思われる女性と銀杏の果肉をとるために洗濯機を回しながら作業中であった。

(以下、恩:恩林寺住職 大:大寧寺住職)

恩:和尚さん。こんにちは。高山の恩林寺です。だいぶ耳が遠いらしく大きな声で声をかけると、
大:おやまあ。久しぶりやねえ。よう来てくれやした。さあさあ、ちょっとやすんでいかんかね。

恩:今日は正渓寺さんまで来たもんで、ちょっとおっ様の顔が見たくなって、寄らせてもらいました。
大:ほうかね。こんなとこで、黄檗のボンさんに会えるなんて、ありがたいことですな。わしも、もう、ええとしやで、だーれもあいてにせん。

恩:和尚さんはうちのおやじと同参とか聞いてましたが、何年生まれですか?
大:うん、儂は、あと三日で、満、九十八やで。もう、耳は聞こえんし、新聞も読めんようになった。お宅さん今日は運がえかった。今度はもう会えんかもしれん。毎日がこれで終わりじゃとおもっとるんやで。ちょっとまってよ。娘がお茶持ってくるんで。今日は二番目の娘が手伝ってくれるんで、銀 杏を洗っていたとこや。

恩:しかし和尚さんお元気で何よりですな。いまもおひとりで暮して見えるのですか?
大:うん。わしの両親は本願寺の門徒さんで、そりゃもう厳しい人やった。毎朝、お仏飯を備えて、お経を読まされる。子供のうちに、阿弥陀経や正信偈はそらでおぼえてしまった。それから本願寺の寺の小僧に出て、十年暮したね。旧制中学出たらすぐにおやじは、お前は大寧寺へ行け。というので、大寧寺の小僧にしてもらって、それから黄檗山の禅堂に入った。当時は厳しい修行が待っておって、苦労したねえ。

恩:和尚さんは品ヶ瀬全提さんと同参とか?
大:エッエッ?どうして全提さんしっとるの?

恩:儂のおやじと同年代ということもありますが、全提さんの弟子という尼さんと、講習会で一緒になりまして。
大:ほうかね。全提さんには親切にしてもらって、よう、面倒みてもらったね。その尼さんというのがこの寺へ訪ねてきてくれたことがありましてな。あの尼さん、途中から全提さんの弟子になって、ついに全提さんのお寺をついでくれたとか聞いたが、人間わからんもんやね。わしもこのあばら寺に八十年住職やって、檀家もないが草むしりばかりしているうちに同参も、知り合いもみんな死んでしまって、最後に残ってしまったもんやから、だーりもたずねてこーへん。しかしな、こうなるのも、偶然でなーて、自分の運命というか宿命なんてものは初めから決まっておったんや。知らんのは自分だけ。あ、ちょっと失礼、しっこがしたーなった。

すぐ目の前の柿の木めがけて ちょろちょろ…。

恩:和尚さん、しかし広い畑を管理してたいへんですね。
大:ほうや。この畑は全部昔は寺の境内やったが、くさむしりばかりするのがたいへんやで、どうせなら畑の草むしっとったほうがええで、根気にやっとるんや。この頃は あんまりほとけさんのおもりも充分でけようになって、ほうや、今年はどうにか皆さんに助けてもらって施餓鬼を、わしが導師で務めたが宝蔵寺さんとこは無住やで、やめてしまったそうや。法蔵寺はわしの遠縁やが、早う逝ってしまったしなあ。もう二十年になるかしらん。しかし、この年になるとお経も忘れてしまって、よう、出てこんでいかんわ。昔は習字の先生もしてみたけど、もう筆も持たん。字も書かん。 あ、恩林寺さん、銀杏好きなだけ持っていきゃー。この頃、銀杏の木がでこうなって、 身が小粒になってしまって、値打ちのうなっていかんわなあ。

(五島海南和尚は大正五年辰年生まれ、黄檗宗第十八教区の長老。恩林寺十二代正念和尚とともに黄檗山、関義道老師について修行、現在、数えの百歳、大寧寺の現役住職。父、正念和尚の葬儀、兄、弘文和尚の葬儀の導師を務めていただいた。以前は岐阜大学に勤務、伊深、正眼短期大学に聴講して、漢詩を得意とする。美濃太田 大寧寺に独居)

黄檗山の鐘楼、鼓楼

237028.png黄檗山では朝、五時に開静(かいじょう) 夜九時に開枕(かいちん)と言って大鐘と太鼓をもって時刻と消灯、大衆に起居、動作の始終を知らせます。また、賓客来山の時は鐘鼓交鳴して歓迎を表します。
人間は二つの耳を持つといわれています。一つは日常生活において使っている感性の耳であります。いろいろの物音を聞いてそれを知ったり、おたがいに話し合って意志の疎通をしたりしている耳であります。
二つは梵唄(ぼんぱい)、音楽等を聞く霊性の耳であります。これは同じ耳で聞くのですが、おごそかで美しい音によって、日常のそれと違った幽玄の雰囲気に入らしめてくれる耳であります。音楽は誰が聞いても美しい音であるはずですが必ずしも誰でも心に感ずるとは限りません。これにはやはり音楽に理解を持つ、持たぬということがあります。

何かの機会にこれを理解するようになると、そのひとが知らなかった一つの世界が開かれます。この私のどこか深いところに一つの霊的自己とでもいうものが潜んでいて、それが微妙な響きの中に、ふとその首をもたげ私の目をさましてくれます。 たとえば鐘の音は一つですがさまざまな思いをその人にあたえてくれます。過去の集合表象や心の底に結びついている無常感などが宗教の風光をひそかに伝えてくれます。
黄檗宗では読経の初めに香讃(こうさん、) 終わりには結讃(けっさん)、と言って唐音で節経 (メロディーのあるお経)を唱えます。
微妙の響きは、ある時は無常、無我、静寂 を運び、聞くものを無量ならしめます。

住職合掌

頭陀袋029 薬王山大寧寺住職、五島海南和尚を訪ねて

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成26年 2019/02/03takenoko

頭陀袋060 売茶翁の話

黄檗山萬福寺は中国風のお寺として有名ですが隠元禅師が煎茶・番茶の習慣を伝えられ庶民の間に普及したことはあまり知られていません。

隠元禅師に付き添い日本に渡った独湛禅師は黄檗山第四代を継がれるのですが独湛禅師は隠元禅師と同じ故郷、福建省の出身であり、福建省はお茶の産地としても知られています。独湛禅師の弟子、売茶翁について触れてみたいと思います。

sadou_kimono_man.png売茶翁は肥前蓮池(佐賀県佐賀市)の生まれ、城主鍋島家の御典医、柴山氏の三男として生まれ、十一歳で肥前龍津寺化霖について得度します。十三歳で黄檗山萬福寺に入り独湛禅師に参じました。二十二歳で陸奥に行き雷山で苦行をしたのち故郷の肥前に帰ってきました。五十七歳の時、師匠がなくなると龍津寺を法弟、大潮に譲り京都に戻ります。六十一歳の時通仙亭を開き、自ら茶道具を担い、京の大通りに喫茶店のような簡易な席を設け、禅道と世俗の融解した話をしながら客をもてなし、人の在り方、人の世の生き方などを説いたといわれています。

相国寺の和尚はその内容を書き残したらと進めたのですが、「仏弟子の世に居るや、その命の正邪は心にあり、事跡には非ず、そも袈裟の仏徳を誇って世人の喜捨を煩わせるのはわしの持する志とは異なっておる。」と述べたという。

七十歳になり、十年に一度は故郷に帰るという約束を果たし、突然自ら還俗(坊さんを辞めて俗人に還る)。 自ら高氏を名乗り号を遊外としました。気が向かなければその日は店をしまう、というような気楽な生活でしたが貧苦の中、喫茶する人のために煎茶を売り歩く毎日でした。

八十一歳になった遊外は売茶業を廃業、愛用の茶道具すべてを燃やしてしまいました。(私の死後、この道具たちが後世の俗人たちにわたって辱められたら、道具たちも私を恨むだろう。だから、お前たちを火葬に付してやろう。)という思いであったようです。その後、揮毫(字を書く事)によって生計を立て、八十七歳で蓮華王院(三十三間堂)の南にある 幻々庵で息を引き取りました。

売茶翁を偲び 黄檗山萬福寺には売茶堂があり、煎茶に親しむ茶人によって守られております。

住職合掌

頭陀袋060 売茶翁の話

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成29年 2019/02/10takenoko

典座(料理場)の仕事

本山である満福寺が最近、京都で有名になって、調子にのってる恩林寺の小僧です。

ある記事がインターネット上に流れました。それは萬福寺の修行僧の暴行事件として扱われました。そのニュースを見た方もいるでしょう。

実際のところ、実は寺の中にいた僕ですらその真相を知りません。あまり口外も出来ないこととなっております。

ただ1つ言えるのは、僕は何も関わっていないので、安心して欲しいということです。

また昔は、棒で打たれて喝をいれられた話があります。もし今回のことがダメであるのならば「警策(坐禅の時に和尚さんたちが叩くこと、またはその棒)」の使用はいけないこととなってしまいます。

ある僧堂では、死人が出たこともあるそうです。冬になると、警策で内出血がおこるほど叩かれることもあります。それが当たり前の世界にいるので、今回のことは大袈裟には感じておりません。

典座(料理場)の仕事を、地道に頑張っております。どうかみなさんも体調を壊さず、平和な毎日が過ごされることを、遠くからお祈りしています。

小僧合掌

≫ Read More

小僧さんの話 2019/06/17takenoko

頭陀袋085 施食のはじめ

あるとき、修行僧が閑静な木の下で座禅をしていました。

すると、樹の上に猿が住んでいて、僧が食事をしているのを見て自分も食べたくなり、樹から降りて僧の前までやってきました。僧は猿に残飯を与えると猿は、鉢の底まで舐めて、食べ終わると、感心なことに水辺迄行き、鉢をよく洗い僧に返しました。こうして同じように、猿に食事を与えるのが習慣になっていたある日、僧はうっかり食事を食べ残さず、鉢を空にしてしまいました。

1146801.jpg猿は、当然施されるとばかり思っていた食べ物がないので大変怒り、僧の袈裟を奪い、樹の上でズタズタに裂いてしまいました。
これには修業の身である僧もカッとなり、杖で猿を撃つと当たりところが悪かったのか、猿は悶絶して死んでしまいました。
すると、傍に数匹の猿が寄ってきて悲しみ、死んだ猿を担いで寺まで運んでゆきました。

寺の住職は、『これは何かわけがあるのだろう。』と思い、修行の僧を集めて、誰かその理由を知らないか尋ねたところ、誤って猿を殺した僧が前に出て正直に詳細を述べると、その後、食事の時はその一部を取りおいて動物や虫に施すようにした、と言います。
 

禅宗のお寺ではこれを、生飯『サバ』と申します。

ma-490.jpg黄檗山萬福寺を開いた隠元禅師は鳥や動物をかわいがる方で、寺に集まってくる鳥に餌を買い与えたり、また境内に『生飯台(さばだい)』という餌台を設け、雲水や、自分たち山内のお坊さんたちが自分たちに備わった食事の中から少しずつ取り分けてあたえるようにしました。

こうして、現在までこのしきたりは続けられております。

頭陀袋によせて (読者様からのおたより)

毎月のお届けありがとうございます。開けて読むと毎回、驚きです。

私の心の中をずっと見ていたかのようにその答えがいつも書いてあるのです。

全部が実行できるような私ではありませんが、一つでも心の中に止めておいてプラスに考えるようにしています。

六十年生きてきた私ですが、読むたびに『なるほど』と、思うばかりです。何のお返しもせずお届けいただくばかりですが、これからも毎月、楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。

(飛騨市古川町 I・T様)

コメントありがとうございます。

住職合掌

頭陀袋085 施食のはじめ

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

令和元年 2019/07/01takenoko

萬福寺の紫陽花が咲きました。

六月も終わったというのに紫陽花を見て喜んでる、恩林寺の小僧です。

萬福寺の紫陽花が咲きました。最近梅雨に入り、台風も出来て雨もたくさん降っておりますね。

季節の変わり目がきて、暑い暑い夏が始まろうとしています。

そんな時を知らせる紫陽花ですが、よく見てみると一つ一つ小さい花がたくさん付いて一つの大きな花になっています。それを見るといつも「自分は1人じゃない」と思い出されます。たくさんの人の支えがあり、一つの大きなことを成すことが出来る。たくさんの人のおかげで今ここに自分が存在できる。

1人でも欠けていたら、その紫陽花は綺麗に見えません。色のない穴があり不自然となってしまいます。僕もその紫陽花の1人。周りの人に支えられている分、しっかりと小さな花を精一杯咲かせて、みんなを支えられたらいいな。

そのために今自分に出来ることを頑張っていきたいと思います。

munk2.jpg7月になり、2019年も半分を超えました。今年の目標を振り返ってみるのもいいでしょう。

ついでに僕はほとんど目標を達成しておりません。

今年中にはちゃんと夢を叶えるためやることを一つ一つこなしていきます!頑張ります!

小僧合掌

≫ Read More

小僧さんの話 2019/07/01takenoko

ブログ運営者

kozou.jpg

檀信徒の皆さんに『一休さん・珍念さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております恩林寺徒弟、鳳雅禅士です。

住職との血縁関係はない在家出身ですが、恩林寺で僧侶となる仏縁を頂戴し、幼き頃からの夢を叶えることができました。

今は京都府宇治市にある黄檗山萬福寺(黄檗宗本山)にて修行しながら大学に通わせて頂いておりますので、普段は恩林寺におりません。

年末年始やお盆には帰ってきます。その時に皆さんと笑顔で会える様に「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。

感謝・合掌。