隠元禅師

頭陀袋001 皆様私、恩林住職 古田正彦と申します。

801870.png永年和尚さんをしていてもなかなかお説法というものは巧くならないものでございます。 少しでも勉強してひとさまのお役に立ちたいと思いながら、大した活動もせずにおりましたところ、このほどちょっとしたお説法の参考書が手に入りまして、これならみさなまにおすそ分けできるのではないかと考えシリーズとしてプリントし、毎日の生活の参考にしていただく事が出来ないかと思うようになりました。

今回はじめての試みです。 今後ともご愛読いただきたく御願いいたします。このシリーズを頭陀袋となずけました。和尚さんが首にぶら下げている、黒い袋、お経の本、仏具、それにお布施、なんでも入る袋から、なにがこぼれ出ますやら、、、

>隠元禅師と寒天

隠元禅師というと隠元豆が頭に浮かぶ方が多いでしょう。隠元豆は隠元禅師にちなんで つけられた名前です。隠元禅師は中国、明の時代末期の禅僧で、日本の長崎、興福寺の逸 然の誘いに応じて承応三年(1654)に来朝なさいました.四代将軍、徳川家綱公は宇治に萬福寺を建て開山として迎えています。

隠元禅師は単なる高僧ではありません。弟子二十人とともに来朝して黄檗禅を伝えました。他にも沢山の中国文化を日本に紹介なさっています。先ず食文化として(普茶料理)が挙 げられるでしょう。隠元豆は普茶料理の食材としてもたらされた豆ですし,西瓜,蓮根も それまで日本では使わなかった食材です。今ではおなじみになっている孟宗竹やお経に使 われる木魚も禅師によって日本に伝えられました。また寒天についてはこんな話が残っています。伏見の旅館「美濃屋」の主人、美濃太郎左衛門はある冬の日、野外に捨てたトコロテンが乾物になっているのに気が付きました。興味を持った太郎左衛門はこれを隠元禅師に見せたところ精進料理の食材に奨励なさるとともに「寒天」と命名されたそうです。 寒天の発見者は美濃太郎左衛門鑑定命名者は隠元禅師というところでしょうか。其の後、 大坂の宮田半兵衛により製法改良され信州の小林桑左衛門によって寒冷地、諏訪の特産に なりました。現在寒天は粉末寒天、糸寒天、棒寒天があり、ダイエット食品の代表となっていますね。ゼラチンのゼリーとは別の性質を持つゼリーとして重宝がられ料理ばかりで なく和菓子の分野でも大変役に立っています。さらには寒天培地として細菌の培養に使わ れることが多いのではないでしょうか。わたくしの姪っ子が恵那の方に嫁いでおりますが 時たま「寒天」をお土産にいただいております。ダイエットの効果はどうでしょうか?

木庵禅師開山

恩林寺は隠元禅師の弟子で、黄檗山第二代、木庵禅師の開山です。

昔、滋賀県八日市羽田にあり、華岳山のふもとのお寺でした。今でも華岳山、恩林寺を名乗っております。

住職合掌

頭陀袋001 皆様私、恩林住職 古田正彦と申します。

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成24年 2019/02/01takenoko

1.黄檗山萬福寺

京都の南の郊外。宇治の里は、平安朝時代から貴族の別荘地として知られていました。今、この地訪づれてみますと、そこには当時の栄華を誇る平等院の殿堂や、寺社の面影を髣髴とさせる幾多の遺蹟を見ることができます。
そのなかにあって、ひときわ異彩を放った伽藍(寺の建物)が、宇治茶の香漂う五雲峰の麓に荘厳な甍も空高く聳え建っている一廓があります。

俳人菊舎が、 「山門を出れば日本ぞ茶摘うた」

と詠たっておりますように、この寺の境内に足を一歩踏み入れますと、中国がここに出現したのではないかと思われるような建物が次々に展開されて来ます。

この寺は黄檗山萬福寺で、寛文年間、隠元隆琦禅師によって開創されました。これから述べようとする二祖木庵性瑫禅師によってこの寺の山門を始め多くの伽藍は今日目の前に見るように整備されたものでした。

≫ Read More

木庵禅師物語 01~05 2019/02/01takenoko

頭陀袋034 放生(ほうしょう)について

黄檗宗を伝えた隠元禅師は生き物を非常に大切にされる慈悲深い方であったと伝えられています。放生(生き物を放してやる。逃がしてやる)を薦め殺生を戒める詩偈をたくさん残しておられます。

その一つに「我、亦老いたり、風燭定まらず、毎に放生を思うて急務となす。」
私はもう、年老いてしまって、いつお迎えが来るともしれない。ただ、今急がねばならないのは、生き物を自由にしてやることだ。と、述べられております。

796520.pngお寺には、よく放生池というのがあって魚が泳いでおりますがこれらの魚は、和尚さんや、信者さんが放してやったものでしょう。魚や動物に自由を与えてやる行為を放生、といい、この行為は仏教者にとって大切なことです。

以前、高山の夏の風物詩、川施餓鬼の時、うな信さんが宮川に、ウナギを放生なさいました。ご主旨はおなじですね。

隠元禅師はお若いときから、他人に飼われている生き物を見るとお金を出して、買い取り、野外に放しておやりになりました。また、黄檗山に住職されてからも、信者さんからいただいたお布施でお米を買い、鳩の餌として与えられたそうです。このようにして、禅師は生き物を我が子のようにかわいがり、生き物の命を大切にされたのでした。生命を尊び、殺生を戒めることは、いろいろなお経にみられますが、梵網経にはあらゆる生き物は、もしや、自分の父母の生まれ変わりかもしれないから、できるだけ自由にしてやりなさい。と、説か れております。 放生会 (ほうしょうえ) は日本においては京都の宇佐八幡宮で七百二十年、石清水八幡宮では八百五十九年、鎌倉鶴岡八 幡宮では千百八十七年、神仏習合の行事として行われるようになりました。

寺院では、春、秋の彼岸の時、また、お盆の行事として行うところが多いようです。

花祭りのご案内(お釈迦様の誕生をお祝いする法要)

732719.png高山市佛教会の年中行事として市内の寺院がたが、宗派関係なく合同で、(平成二十七年は 五月十七日、午後一時より)高山別院庫裏で行われます。ぜひともお参りください。また、高山市佛教会行事等の費用のご寄付をお願いしております。

恩林寺では御志納金を取りまとめて、毎年、会のほうに納付させていただいております。お志をくださいました御芳名を、毎年花祭りパンフレットに載せていただいております。

住職合掌

頭陀袋034 放生(ほうしょう)について

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成27年 2019/02/04takenoko

頭陀袋060 売茶翁の話

黄檗山萬福寺は中国風のお寺として有名ですが隠元禅師が煎茶・番茶の習慣を伝えられ庶民の間に普及したことはあまり知られていません。

隠元禅師に付き添い日本に渡った独湛禅師は黄檗山第四代を継がれるのですが独湛禅師は隠元禅師と同じ故郷、福建省の出身であり、福建省はお茶の産地としても知られています。独湛禅師の弟子、売茶翁について触れてみたいと思います。

sadou_kimono_man.png売茶翁は肥前蓮池(佐賀県佐賀市)の生まれ、城主鍋島家の御典医、柴山氏の三男として生まれ、十一歳で肥前龍津寺化霖について得度します。十三歳で黄檗山萬福寺に入り独湛禅師に参じました。二十二歳で陸奥に行き雷山で苦行をしたのち故郷の肥前に帰ってきました。五十七歳の時、師匠がなくなると龍津寺を法弟、大潮に譲り京都に戻ります。六十一歳の時通仙亭を開き、自ら茶道具を担い、京の大通りに喫茶店のような簡易な席を設け、禅道と世俗の融解した話をしながら客をもてなし、人の在り方、人の世の生き方などを説いたといわれています。

相国寺の和尚はその内容を書き残したらと進めたのですが、「仏弟子の世に居るや、その命の正邪は心にあり、事跡には非ず、そも袈裟の仏徳を誇って世人の喜捨を煩わせるのはわしの持する志とは異なっておる。」と述べたという。

七十歳になり、十年に一度は故郷に帰るという約束を果たし、突然自ら還俗(坊さんを辞めて俗人に還る)。 自ら高氏を名乗り号を遊外としました。気が向かなければその日は店をしまう、というような気楽な生活でしたが貧苦の中、喫茶する人のために煎茶を売り歩く毎日でした。

八十一歳になった遊外は売茶業を廃業、愛用の茶道具すべてを燃やしてしまいました。(私の死後、この道具たちが後世の俗人たちにわたって辱められたら、道具たちも私を恨むだろう。だから、お前たちを火葬に付してやろう。)という思いであったようです。その後、揮毫(字を書く事)によって生計を立て、八十七歳で蓮華王院(三十三間堂)の南にある 幻々庵で息を引き取りました。

売茶翁を偲び 黄檗山萬福寺には売茶堂があり、煎茶に親しむ茶人によって守られております。

住職合掌

頭陀袋060 売茶翁の話

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成29年 2019/02/10takenoko

頭陀袋066 雲 無心

「都市に住みビジネスに走り回る人々はつまらないことでいがみ合い怒鳴り合ったりしている。空を仰ぐことを忘れているからだ。

空はいい。雲が形を一瞬一瞬変えながら流れていく。こだわりなど、どこにもない。

雲は無心にして咄を出で、鳥は飛ぶに倦んで還るを知る。(帰去来の言葉)陶淵明は大空を仰いで天地自然のこだわりのない無心の感動を覚えている。

詩人の魂に都市の生活に疲れたじぶんの心を比べると涙が出るほど今の自分のみじめさがわかる。

どうしてこんなに心が乾いてしまったのだろうか。そんなとき一日、空を仰いでみる。乾いた心を溶かしてくれるのがよくわかる。

ご報告

十一月十一日ご本尊聖観世音菩薩慶賛法要,宗祖、隠元禅師追悼並びに檀信徒各家先祖供養が務まりました。

66ss.jpg当日は黄檗宗管長、近藤博道猊下,
名古屋真聖寺:木村信安和尚様
岐阜市真聖寺:村瀬正光和尚様。
各務ヶ原清見寺:中野妙照禅尼様
宗猷寺:今城東徹和尚様
恩林寺住職、徒弟:鳳雅禅士が加担くださいました。

恩林寺で管長猊下をお迎えするというのは実に八十年ぶりでありまして大変うれしいことでした。引きつずき猊下の御親教があり、次に犬山市先聖寺住職:芹沢保道老師の、黄檗文化と私たちの生活について、と題し、隠元禅師の生い立ち、禅師がもたらした煎茶、食材、思想などの興味深いお話があり、皆さんで食事をしたのち解散いたしました。
管長猊下は翌日にも御親教を控えておられご多忙の中の御巡錫でした。

住職合掌

頭陀袋066 雲 無心

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成29年 2019/02/10takenoko

頭陀袋076 数珠について

数珠について

数珠についてパソコン(インターネット)を開いてみますと、玉・石・種子・香木などを使った小玉を連ね通して環としたもので、佛号を唱えたり、真言陀羅尼を唱念する回数を数えたり仏を礼拝するときに手にかける法具、と出てきました。

私がよくお伺いするご家庭で家族みんなのお数珠があり、仏壇の横の数珠掛けにかけてあり、お経が始まるとおばあちゃん、お父さん、お母さん、子供さん兄妹、皆さんがそれぞれマイ数珠を手にかけお参りされます。私はこれこそ本来の数珠の在り方ではないかと、日ごろ感心しております。
「和尚さん。お数珠はどうしてこんなにたくさんの玉があるの。」
「それは、私たちのわがままとか、人に迷惑になるような悪い心が、独り歩きしないように、ひもで結んであるんやよ。ほれ、この一番大きな玉が私でそのほかの飾りの玉はお父さん、お母さん、おばあちゃん、それに亡くなったおじいちゃんたちなんやよ。仏様の前で「私はわがまま言いません。みんなに迷惑かけません。悪い心を起こしません。私の悪い心はこの紐に縛られて飛び出しません。仏様。いつも私をまもってくれてありがとう。」と、お参りするんやよ。」なんて説明しています。

数珠の環の数は通常、百八あり、百八煩悩をあらわしますが、半数の五十四個、更にその半分の二十七個の場合もあります。

昔は菩提樹の実や水晶などが用いられましたが現在はそれらに変えて簡素なものや、豪華なものがもちいられるようになりました。また宗派によって指定された数珠を用いる場合もあります。しかし数珠は自分の分身のように持ち歩き、お寺の行事、ご不幸の時のお参りの時など身近な法具として生き続けることは有難いことです。どうか箪笥や仏壇の引き出しにしまい込まないように日頃活躍の場を与えてやっていただきたいと思います。

また、紐が切れた・房が取れたといったトラブルが発生した時、「縁起が悪い」という人がありますが、決してそのようなことはありません。珠が散逸しないよう早めに仏具屋さんに相談し、修理して大切に使いましょう。

隠元禅師三百五十年遠忌

二〇二二年は宗祖隠元禅師が亡くなられてから三百五十年目にあたります。宗祖の功績をたたえ黄檗宗の法灯を伝えていけることに感謝し、三百五十年前宗祖は何を思い中国から日本に渡られたのか、日本において何を伝えようとされたのかを再考するとき、宗門だけでなく、仏教界全体の興隆に努力することが今の私たちのなすべきことかと思います。

宗祖が日本に渡られまず初めにおこなったことは受戒会です。宗祖の禅の特徴は持戒禅です。自身の三宝に帰依し、自らの規律である戒をよく保ち、自分を律することに厳しかったといわれております。黄檗のお受戒についての解説は次号に譲ります。

住職合掌

頭陀袋076 数珠について

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成30年 2019/02/25takenoko

頭陀袋085 施食のはじめ

あるとき、修行僧が閑静な木の下で座禅をしていました。

すると、樹の上に猿が住んでいて、僧が食事をしているのを見て自分も食べたくなり、樹から降りて僧の前までやってきました。僧は猿に残飯を与えると猿は、鉢の底まで舐めて、食べ終わると、感心なことに水辺迄行き、鉢をよく洗い僧に返しました。こうして同じように、猿に食事を与えるのが習慣になっていたある日、僧はうっかり食事を食べ残さず、鉢を空にしてしまいました。

1146801.jpg猿は、当然施されるとばかり思っていた食べ物がないので大変怒り、僧の袈裟を奪い、樹の上でズタズタに裂いてしまいました。
これには修業の身である僧もカッとなり、杖で猿を撃つと当たりところが悪かったのか、猿は悶絶して死んでしまいました。
すると、傍に数匹の猿が寄ってきて悲しみ、死んだ猿を担いで寺まで運んでゆきました。

寺の住職は、『これは何かわけがあるのだろう。』と思い、修行の僧を集めて、誰かその理由を知らないか尋ねたところ、誤って猿を殺した僧が前に出て正直に詳細を述べると、その後、食事の時はその一部を取りおいて動物や虫に施すようにした、と言います。
 

禅宗のお寺ではこれを、生飯『サバ』と申します。

ma-490.jpg黄檗山萬福寺を開いた隠元禅師は鳥や動物をかわいがる方で、寺に集まってくる鳥に餌を買い与えたり、また境内に『生飯台(さばだい)』という餌台を設け、雲水や、自分たち山内のお坊さんたちが自分たちに備わった食事の中から少しずつ取り分けてあたえるようにしました。

こうして、現在までこのしきたりは続けられております。

頭陀袋によせて (読者様からのおたより)

毎月のお届けありがとうございます。開けて読むと毎回、驚きです。

私の心の中をずっと見ていたかのようにその答えがいつも書いてあるのです。

全部が実行できるような私ではありませんが、一つでも心の中に止めておいてプラスに考えるようにしています。

六十年生きてきた私ですが、読むたびに『なるほど』と、思うばかりです。何のお返しもせずお届けいただくばかりですが、これからも毎月、楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。

(飛騨市古川町 I・T様)

コメントありがとうございます。

住職合掌

頭陀袋085 施食のはじめ

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

令和元年 2019/07/01takenoko

ブログ運営者

kozou.jpg

檀信徒の皆さんに『一休さん・珍念さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております恩林寺徒弟、鳳雅禅士です。

住職との血縁関係はない在家出身ですが、恩林寺で僧侶となる仏縁を頂戴し、幼き頃からの夢を叶えることができました。

今は京都府宇治市にある黄檗山萬福寺(黄檗宗本山)にて修行しながら大学に通わせて頂いておりますので、普段は恩林寺におりません。

年末年始やお盆には帰ってきます。その時に皆さんと笑顔で会える様に「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。

感謝・合掌。