木庵禅師

頭陀袋001 皆様私、恩林住職 古田正彦と申します。

801870.png永年和尚さんをしていてもなかなかお説法というものは巧くならないものでございます。 少しでも勉強してひとさまのお役に立ちたいと思いながら、大した活動もせずにおりましたところ、このほどちょっとしたお説法の参考書が手に入りまして、これならみさなまにおすそ分けできるのではないかと考えシリーズとしてプリントし、毎日の生活の参考にしていただく事が出来ないかと思うようになりました。

今回はじめての試みです。 今後ともご愛読いただきたく御願いいたします。このシリーズを頭陀袋となずけました。和尚さんが首にぶら下げている、黒い袋、お経の本、仏具、それにお布施、なんでも入る袋から、なにがこぼれ出ますやら、、、

>隠元禅師と寒天

隠元禅師というと隠元豆が頭に浮かぶ方が多いでしょう。隠元豆は隠元禅師にちなんで つけられた名前です。隠元禅師は中国、明の時代末期の禅僧で、日本の長崎、興福寺の逸 然の誘いに応じて承応三年(1654)に来朝なさいました.四代将軍、徳川家綱公は宇治に萬福寺を建て開山として迎えています。

隠元禅師は単なる高僧ではありません。弟子二十人とともに来朝して黄檗禅を伝えました。他にも沢山の中国文化を日本に紹介なさっています。先ず食文化として(普茶料理)が挙 げられるでしょう。隠元豆は普茶料理の食材としてもたらされた豆ですし,西瓜,蓮根も それまで日本では使わなかった食材です。今ではおなじみになっている孟宗竹やお経に使 われる木魚も禅師によって日本に伝えられました。また寒天についてはこんな話が残っています。伏見の旅館「美濃屋」の主人、美濃太郎左衛門はある冬の日、野外に捨てたトコロテンが乾物になっているのに気が付きました。興味を持った太郎左衛門はこれを隠元禅師に見せたところ精進料理の食材に奨励なさるとともに「寒天」と命名されたそうです。 寒天の発見者は美濃太郎左衛門鑑定命名者は隠元禅師というところでしょうか。其の後、 大坂の宮田半兵衛により製法改良され信州の小林桑左衛門によって寒冷地、諏訪の特産に なりました。現在寒天は粉末寒天、糸寒天、棒寒天があり、ダイエット食品の代表となっていますね。ゼラチンのゼリーとは別の性質を持つゼリーとして重宝がられ料理ばかりで なく和菓子の分野でも大変役に立っています。さらには寒天培地として細菌の培養に使わ れることが多いのではないでしょうか。わたくしの姪っ子が恵那の方に嫁いでおりますが 時たま「寒天」をお土産にいただいております。ダイエットの効果はどうでしょうか?

木庵禅師開山

恩林寺は隠元禅師の弟子で、黄檗山第二代、木庵禅師の開山です。

昔、滋賀県八日市羽田にあり、華岳山のふもとのお寺でした。今でも華岳山、恩林寺を名乗っております。

住職合掌

頭陀袋001 皆様私、恩林住職 古田正彦と申します。

image_preview.png実際の頭陀袋はこちらです。

≫ Read More

平成24年 2019/02/01takenoko

1.黄檗山萬福寺

京都の南の郊外。宇治の里は、平安朝時代から貴族の別荘地として知られていました。今、この地訪づれてみますと、そこには当時の栄華を誇る平等院の殿堂や、寺社の面影を髣髴とさせる幾多の遺蹟を見ることができます。
そのなかにあって、ひときわ異彩を放った伽藍(寺の建物)が、宇治茶の香漂う五雲峰の麓に荘厳な甍も空高く聳え建っている一廓があります。

俳人菊舎が、 「山門を出れば日本ぞ茶摘うた」

と詠たっておりますように、この寺の境内に足を一歩踏み入れますと、中国がここに出現したのではないかと思われるような建物が次々に展開されて来ます。

この寺は黄檗山萬福寺で、寛文年間、隠元隆琦禅師によって開創されました。これから述べようとする二祖木庵性瑫禅師によってこの寺の山門を始め多くの伽藍は今日目の前に見るように整備されたものでした。

≫ Read More

木庵禅師物語 01~05 2019/02/01takenoko

2.木庵禅師のご誕生

木庵禅師がご誕生になったのは、中国の明時代も終りに近づいた頃の皇帝・神宗の萬暦三十九年二月三日で、日本では後水尾天皇が天子の御位に即かれ、徳川家康が二代将軍秀忠とともに次第に徳川幕府の基礎を固めつつあった時でした。家康はその後、五年にして死去しました。

禅師のお生れは、南中国の貿易港として栄えた泉州府の晋江で、父上の名は呉卿といい、以上は呉氏の一族から嫁にこられた方でした。生れられました時、両親がつくづくその顔を眺められますと、上唇に二つの歯がのぞいていましたので"達磨子"とあだ名をつけて呼ばれるようになりました。生れながらの禅僧といえましょう。

四歳の時、母を亡くされ、悲しみもまだ癒えぬうちに、翌年には父をも失なわれ、祖母の蘇氏に養なわれることになりました。

≫ Read More

木庵禅師物語 01~05 2019/03/01takenoko
タグ:木庵禅師

3.開元寺のお弟子へ

十歳の頃、たまた温かが観音菩薩の名号を唱えているのを聞かれて深く感動され、それからは肉食を断ち、自分でも観音菩薩の名号を唱えられるようになられました。

十三歳の年には同じ郡內の開元寺に参詣され、仏殿にはいって本尊さまを礼拝されたり、仏塔をおがんて回られたりされて、仏の世界の清浄なのに心をうたれ、いつかはきっと世俗から脱れて出家したい と思うようになられました。

禅師が出家したいと思われる志の堅いのを見てとられ、十六歳になられますと、祖母は開元寺の印明和尚にお願いして弟子になることを許されました。

仏さまの教えに従うために僧になった今、私はその一つ一つを実行に移さないではすまされない

と心に誓われ、仏教の戒律を堅く守られて、熱心に仏 の教えを学ばれました。

≫ Read More

木庵禅師物語 01~05 2019/04/01takenoko
タグ:木庵禅師

4.天神に教えられる

しかし仏教の学問だけでは、まだどうも物足らぬところがありましたので、十八歳の時、寺の北山の獅頭岩に登って独りで坐禅し、一日三枚の柿餅だけで飢えをしのがれました。

坐禅を始めて三日目に一人の神人が月光の中に現われて、

「私は天神である。お前は年が若いので、まだ仏道修行の正しい方法に通じていないようだ。急いで寺に帰って髪を剃り、仏に帰依して受戒をすまし、 和尚方の教えに従って啓発を受けるべきである。これが仏教を修行する正しい方法である」

と言ったかと思うと、いつの間にか消えて見えなくなっていました。翌朝直ちに寺に引き返し、翌る年の十二月八日、仏成道の日(仏さまが悟られた日)に、髮を剃り、また二十歳になられると碧芝岩の樵雲大師から十戒を授けられ、大蔵経(仏教の一大叢書)を読み始められました。

≫ Read More

木庵禅師物語 01~05 2019/05/01takenoko
タグ:木庵禅師 , 坐禅

5.大亀を放流す

その頃のある日のこと、禅師がたまたま市街に出かけられていますと、市場で長さ四尺(一尺は明時代では三十一・一cm)ばかりの大亀が売りに 出されていました。

禅師はすぐにお銭を払って亀を買い取り、河に放ってやられますと、亀は何度もふりかえっては、お礼を言っているようでした。

禅師は、

「仏法僧の三宝を深く信じ敬って、永くこの浮世の荒波から脱れ成仏してくれ」

と言われますと、亀は波の上を踊るようにして去って行きました。

近くでこれを眺めていた人たちは一斉に感嘆の声を放ちました。

二十二歳の時、受業師の(最初の師匠さま)樵雲大師が亡くなられました。この年、祖母のため田を買われて老後の心配がないようにされ、先祖のお祀りをする小さな御堂も建てられました。翌年には禅師の後援者:給諫幼心傅公が弥陀庵を建てて贈くられましたので、竣工の日、法華経を誦んで祝われました。

≫ Read More

木庵禅師物語 01~05 2019/06/01takenoko
タグ:木庵禅師

6.金色の蓮の花

ある日の夕暮れ、坐禅しておられますと、にわかに金色の蓮の花から何ともいえない香りが漂って来て弥陀庵いっぱいにあふれ、禅師の身も心も晴れ晴れとし身体じゅうから白い汗が雨のように噴き出してきました。

禅師が、これは決して仏の境涯ではない、悪魔のしわざだと覚られますと、今までの金色の蓮の花はさっと消えてしまい、香りもうせてしまいました。

このような不思議な光景は、心にそう想うからそのような幻が生れる、心の妄想に過ぎぬのだと知られました。

開元寺では崇禎八年、鼓山の永覚和尚を住持としてお迎えしました。

禅師は、さっそく、永覚和尚と禅の問答をされましたが、胸のなかの疑問の塊は大きくなるばかりで、坐禅していても、夜中にふと目が冴えて来て、不安になって落着きませんでした。このもやもやを解決しようと、二十六歳の秋、行脚(修行の旅) に出られました。

≫ Read More

木庵禅師物語 06~10 2019/07/01takenoko
タグ:木庵禅師

7.禅僧の一つの行き方

まず杭州の接待寺で雪関和尚にお目にかかって禅問答され、ついで龍樹寺で雪松法師の楞厳経の講義を聞かれましたが、悟ることができず悶々とした気持がますばかりでした。

ある日修行仲間の禅友にそのことを打ちあけられました。

「私はできるだけの努力をして来たが、今だに仏教の教理もよくわからないし、熱心に参禅したが悟れそうにもない。どうしたものだろうか」

と。すると、その禅友は、

「悟りが得られなくても、生涯を清らかな気持一筋で参禅を怠らず努めるのも亦た、禅僧としての一つの生き方ではあるまいか」

と言われましたので、禅師はハッとして心が開けて行くように感ぜられました。禅師は気を取り直し天童山に行かれて密雲老和尚のもとで参禅されました。

≫ Read More

木庵禅師物語 06~10 2019/08/01takenoko
タグ:木庵禅師

ブログ運営者

kozou.jpg

檀信徒の皆さんに『一休さん・珍念さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております恩林寺徒弟、鳳雅禅士です。

住職との血縁関係はない在家出身ですが、恩林寺で僧侶となる仏縁を頂戴し、幼き頃からの夢を叶えることができました。

今は京都府宇治市にある黄檗山萬福寺(黄檗宗本山)にて修行しながら大学に通わせて頂いておりますので、普段は恩林寺におりません。

年末年始やお盆には帰ってきます。その時に皆さんと笑顔で会える様に「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。

感謝・合掌。