12.太平寺の住持

太平寺は滴たるばかりの翠の山々に囲まれていました。

禅師は座禅の余暇には田植えをされたり、野菜の種子を蒔かれたり、畚を負って土を運んだり、薪を採ったりされて、悟後の修行を積まれました。

ある僧が、
「隠元老和尚はあなたにどのような禅法をお伝えになりましたか」と尋ねられますと、

禅師は、
「私はここにいて筍の皮を剥いでいるのだ」 と答えられ、

僧がなおも、
「筍の皮を剥いでから何をなさいますか」と言うやいなや、禅師はその僧をぶったたかれました。

三年ここで住持をされているうちに仏殿も立派に修復し、寮舎も竣工しましたので、後を弟弟子の即非和尚に譲って、かねてからたびたび強く招請かれていた象山慧明寺の住持に移られました。