令和最初の施餓鬼法要

施餓鬼法要、たくさんの方々が参拝に来てくださり、ありがとうございました。

みなさんのおかげでとても良い法要になりました。
 

施餓鬼とは、ご飯が食べられない餓鬼界の人々に食料を与える儀式です。(餓鬼界というのは六界の一つで下記に説明をつけさせていただきます。)今では餅をよく投げたり、捧げたりしますが、昔は野菜などを渡すところもあったそうです。

似たような考えに、前の頭陀袋で解説があった「生飯台」というものがあります。これは動物たちにご飯を分け与える台のことを言います。

私たちはご飯がなければ生きていけません。アフリカの方ではお腹を空かした子供までいるこの世界。みなさんは何を施すことができますか?この機会に一度考えてみて欲しいです。

今回の法要、本当にありがとうございました。これからも恩林寺をよろしくお願いします。

【六界とは】

この世は、天界(仏様の世界)、地獄界(エンマ様がみえるところ)、餓鬼界(ご飯が食べられない場所)、畜生界(動物たちの世界)、人間界(今私たちがいる場所)、修羅界(争いが絶えない世界)の六つの世界に別れています。