SAMPLE CAFE

恩林寺開山祖、木庵性瑫

書にも優れており、黄檗三筆という、字が上手い3人のうちの1人として数えられています。
(他の2人は隠元隆琦、即非如一。)

黄檗宗という名前を広めた木庵禅師

木庵性瑫(もくあん しょうとう)は、1654年に来日していた隠元隆琦に招かれた中国の僧侶です。
もともとは長崎県にある福済寺におられたが、隠元様が亡くなられると共に、1664年に大本山萬福寺の住職となりました。
木庵さんは萬福寺の歴代和尚の中で、最も功績を残しております。
1665年、4代将軍の徳川家綱に謁見し優遇され、1669年に紫衣を頂戴しました。
黄檗宗という名前を広め、更には黄檗宗の得度の方法を確立し、誰もが出家することを認めました。

隠元の法席を継いだ木庵

木庵さんは恩林寺の開山祖ですが、いつ寺をお開きになったのかなど、詳しいことは分かっておりません。
今、過去の資料を収集し、解明しようとしております。
また事実や詳細が判明次第、お伝えしたいと思っております。

<< 前のページに戻る

黄檗宗について