華岳山 恩林寺

飛騨三十三観音霊場 第18番札所TEL:0577-34-1245

頭陀袋102 決定という言葉

恩林寺 除夜の鐘

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、こちらから無料ダウンロードしてください。

PDFアイコン >> ダウンロード

 

頭陀袋102 決定という言葉

現在では『決定』を『ケッテイ』と読まれることがほとんどですが、昔は呉音で『ケツジョウ』と読まれていました。
私たちの読む経典にも『ケツジョウ』と発音が出てきます。「決定」とは名詞的には「あることが定まって動かない」ことを表し、副詞的には「必ずそうなる」ことを表します。
現代では、ケッテイと読む場合、副詞的用法は使われてないようです。
そして、ケツジョウとは仏の救いを固く信じて疑わないことを言い、安心決定することが理想と言えるでしょう。

例えば、曹洞宗の「正法眼蔵隋聞記」には『学道の人、参師聞法の時、能々窮めて聞き重ねて決定すべし。問うべきを問わず言うべきを言わずして過ごしなば、我が損なるべし。』と書かれています。

また浄土宗の法然上人は、『決定して南無阿弥陀仏にて往生することが大切である』と申されています。

さらに法華経には、今こそ大乗の教えを説くときが来たとして、『今、正しく是れこの時なり、決定して大乗を説く』という句も存在しています。

他にも、「決定心」は心が決まって動揺しないことであり、「決定往生」とは、必ず極楽に往生するということを表しています。
このようにしてみると名詞的にしろ副詞的にしろ、決定に重要な意味が含まれていることが分かるかと思います。
今では、決定の言葉の裏には多くの団体などが関与し「話し合いで○○を決定した。」などという使われ方をするので、決定は個人の問題であるといわれても、頭にピンとこないかもしれません。
しかし本当に大切なことは、自分で自分の心を決定し、その心をゆるぎないものに保つことが大切なことではないでしょうか。
仏法を信じ決定して疑いない状態、すべてはここから進展するように思います。

住職合掌

<< 前のページに戻る